大人ブラウスコーデの正解◎カラーやシーン別の着こなしを解説

大人ブラウスコーデの正解◎カラーやシーン別の着こなしを解説

フェミニンな印象があるブラウスは、女性らしい着こなしの主役となるアイテム。

着こなし方によって大人っぽさも演出でき、普段のおでかけからオフィスコーデまで幅広く活躍します。でも、ベーシックで合わせやすい反面、コーデがマンネリがちになっていませんか。

そこで今回は、定番の白など無地ブラウスはもちろん、カラー・柄物ブラウスを使ったコーデやシーン別のおすすめコーデをご紹介します。ブラウスのNGコーデ例も合わせてチェックしてみてくださいね。

柔らかな印象が特徴のブラウス

女性らしく柔らかな印象に着こなせるブラウス。

合わせ方によって上品な雰囲気を演出できるブラウスは、さらりとした柔らかな生地が特徴です。ボウタイブラウスやペプラムブラウス、シャツブラウスなど、デザインの種類も豊富なのでコーデの幅も広がります。

似たタイプの洋服としてシャツがありますが、こちらは一般的に前開きでボタンとカフスが付いているのが特徴。性別の区別なくさまざまなデザインが展開されています。

【種類別】ブラウスコーデ

ここでは、ブラウスのなかでも人気のあるデザインの特徴と参考にしたいコーデを解説します。

ぜひコーデの参考にしてみてくださいね。

フリルブラウスのコーデ

フリルブラウスは、華やかなフェミニンスタイルにぴったりのアイテム。

女性らしい甘さのあるコーデに仕上がります。「フリルブラウスは気になるけれど甘すぎるのはちょっと…」と敬遠してしまう人は、小さめフリルが控えめに付いているタイプを選んでみては。

フリルのボリューム感もさまざまなので、あなた好みの1着を探してみてくださいね。

フリルブラウス×サロペット

ドレープ感が美しい大きめフリルが印象的なブラウスは、甘くなりすぎないようにカジュアルなサロペットを合わせてほんのり辛口にコーデするのがおすすめ。

インパクトたっぷりのフリルブラウスを、ほどよくマイルドに見せてくれます。幼く見えないよう全体をシックなカラーでまとめると、大人の女性も着こなしやすいですよ。

ぺプラムブラウスのコーデ

ウエストから裾に向かってフレアなシルエットを描くデザインは「ペプラム」といいます。ペプラムブラウスは、シンプルなボトムスに合わせるだけでも華やかさを演出してくれるので、フェミニンコーデの主役アイテムとしても人気です。

ペプラムブラウスはハイウエストで切り替えられているアイテムも多いので、スタイルがよく見えるだけでなくボディラインを拾いにくいのも魅力。気になるウエストをふんわりとカバーしてくれます。

ペプラムブラウス×テーパードパンツ

ウエストリボンがアイキャッチなペプラムブラウスは、かっちりとした印象のオフィスコーデに柔らかさと華やかさをもたらしてくれます。洗練された雰囲気に仕上げるなら、裾に向かってスリムなシルエットになる、きれいめのテーパードパンツと合わせるのがおすすめです。

シャツブラウスのコーデ

シャープなネックラインがクールなシャツブラウスは、 開襟シャツ、切り返しシャツなどさまざまな種類があります。

ブラウスのなかでもスタイリッシュな雰囲気を演出できるアイテムで、ボトムスにインするとオフィス向けのきれいめスタイルに、アウトすればカジュアルで抜け感のある印象に仕上がります。

シャツブラウス×ワイドパンツ

ほどよくゆったりとしたシルエットが魅力のシャツブラウスは、ワイドパンツやテーパードパンツなどゆとりのあるフォルムのボトムスと好相性。

前後の見頃に長さの差があるヘムラインシルエットを生かすよう、アウトスタイルで着こなすのがおすすめです。抜け感が心地よい、今っぽさ溢れるこなれたコーデに仕上がりますよ。

ボウタイブラウスのコーデ

襟元にリボン紐が付いたデザインが印象的なボウタイブラウス。

タイ風に流したりリボン結びで華やかな雰囲気を演出したりと、着こなしの幅が広がる大人顔のブラウスです。ボウタイがアイキャッチとなりきちんと感も演出してくれるので、オフィスシーンでも活躍してくれます。

ボウタイブラウス×タイトスカート

とろみのある素材と柔らかな風合いが女性らしいボウタイブラウス。

タイトスカートできりっと引き締めると、大人っぽくきちんと感のあるオフィスコーデに仕上がります。
リボンをタイ風に流すとよりクールな印象に。Iラインを強調して、スリムに見せてくれる効果も期待できます。

【カラー・柄別】ブラウスコーデ

ブラウスのカラーは 白や黒・ネイビーが定番ですが、最近ではカラーや柄のブラウスなども多く展開されコーデに取り入れる人が増えています。

定番のカラーも着こなしによって印象ががらりと変わるのがブラウスの魅力。カラーや柄のブラウスも、上品に着こなすコツさえつかめばコーデに迷いません。ここでは、カラーや柄別のブラウスコーデを解説します。

白ブラウス

白ブラウスは、爽やかさや清潔さを演出できる定番アイテムですよね。ベーシックな色だからこそ、アイテム選びで冒険したくなりませんか。

でも、フリルやペプラムデザインは甘さが強調されるので合わせ方に要注意。ふんわりとしたシルエットの白ブラウスは、ボトムスはタイトスカートやテーパードパンツなどすっきりとしたデザインを合わせてみてください。

大人っぽく少し辛口なボトムス選びが、洗練コーデの鍵になります。

白ブラウス×ハイウエストパンツ

白ブラウスは、甘さを抑えるためにパンツスタイルと合わせるのが◎です。

同系色でまとめたワントーンコーデなら、定番の白ブラウスが見違えるほど印象的に。でも、白は膨張して見える色なのでボリューム感が気になる人も多いのではないでしょうか。そんな時には、ブラウスをボトムスにインしてコンパクトにまとめるのがおすすめ。

ややハイウエストなボトムスにインすれば、脚長効果でスタイルよく仕上がりますよ。

黒ブラウス

白と同様に定番のカラーが黒。クールな印象の黒ブラウスは、凛とした女性の美しさを引き出してくれます。

でも、大人っぽくなりすぎて普段使いが難しいと感じたことはありませんか。

デニムやチノなどカジュアルなボトムスを合わせて、きれいめになりすぎないようコーデすればそんなお悩みも解決です。

黒ブラウス×デニム

黒ブラウスをこなれ感たっぷりに着こなすなら、デニムパンツなどでカジュアルダウンすると◎です。

スタイリッシュな黒ブラウスと抜け感のあるデニムのコントラストが、こなれた印象を演出してくれます。体のラインを拾わない、ワイドデニムやボーイフレンドデニムを合わせるのがおすすめ。

パープルブラウス

ノーブルで大人の雰囲気が漂うパープルブラウスは、シースルーやレース、透け感のあるデザインなどが毎年人気。

フェミニンに仕上がるので、メンズライクを意識したコーデでクールにまとめましょう。

パープルブラウス×テーパードパンツ

エアリーな素材感のパープルブラウスは、テーパードパンツのようにきちんと感のあるボトムスできりっと引き締めるのが大人っぽく上品に着こなすポイント。

淡いパープルカラーのブラウスには、濃紺などメンズライクなダークカラーのボトムスが好相性です。

ブラウンブラウス

落ち着いた優しい雰囲気を漂わせるブラウンのブラウス。濃淡のグラデーションカラーを取り入れたワントーンコーデなど、アースカラーでまとめると洗練されたコーデがつくれます。

ブラウンはベーシックカラーなので、カラーブラウスのなかでも着こなしやすく、普段使いにも活躍しますよ。

ブラウンブラウス×ギャザースカート

ブラウンは秋冬コーデに人気のカラーで、コーデュロイやベロア素材などあったか素材のボトムスとも好相性。

ほっこりと温かみのある着こなしを楽しめます。ブラウンブラウスを今っぽく着こなすなら、ギャザーたっぷりの花柄ロングスカートに合わせるのがおすすめ。
ほんのりレトロ感が漂い、大人可愛いコーデをつくることができますよ。

花柄ブラウス

ブラウスの定番となりつつある花柄は、春夏コーデで多く取り入れられるアイテムです。

インパクトたっぷりの花柄ブラウスですが、コーデに取り入れやすいのは小花柄。繊細な小花をあしらったブラウスなら、可憐な雰囲気はそのままに大人っぽく着こなせます。
リバティプリントのように、上品で少しレトロ感のある優雅な小花柄を選ぶのがおすすめです。

花柄ブラウス×ゆったりワイドパンツ

単色の小花柄で品よくまとめた花柄ブラウスは、落ち感のあるワイドパンツでレディに着こなしてみましょう。

フロントボタンが印象的なワイドパンツにインすれば、レトロなフェミニンコーデの完成です。

【季節別】ブラウスコーデ

素材感やカラーを工夫すれば、季節を問わず活躍してくれるブラウス。

ここでは、春〜冬まで季節別に楽しみたいブラウスコーデをご紹介します。

春夏のブラウスコーデ

暖かな気候に心も体もほぐれる春夏は、明るい色や軽やかな素材を取り入れたコーデを楽しみたいもの。そんな春夏のブラウスコーデのポイントはこちらです。

  • カラーボトムスや小物をふんだんに使って遊び心をプラス
  • シースルーブラウスで透け感を楽しむなど、素材感にもこだわる

身に着けるだけでワクワクするようなカラー、軽快な素材をブラウスコーデでも楽しんでみてください。

ブラウス×スカート×帽子

季節感溢れるスカートや帽子と合わせたコーデ。
ブラウスをカジュアルダウンすれば、普段使いしやすくコーデの幅が広がります。

ボーイフレンドデニムなど、ゆったりとしたシルエットのボトムスを合わせるとラフな雰囲気で着こなせます。

ブラウス×アースカラーパンツ

春夏らしいアースカラ-パンツと花柄ブラウスを合わせた爽やかなコーデ。
シースルーな軽やか素材のブラウスは、春夏コーデの主役アイテムとして活躍します。

ブラウスの花柄に使われているカラーとパンツのカラーを合わせると、テクニックいらずでセンスよくまとまります。

秋冬のブラウスコーデ

レイヤードで厚着になりがちな秋冬コーデにブラウスをプラスすれば、さりげなく女性らしさを演出できます。チェック柄など秋冬ならではの柄物を楽しんだり、ニットやファーなどのあったか素材のアイテムを合わせたりするのも素敵。

シックな装いが似合う秋冬には、甘めのコーデよりも少し辛口に仕上げたメンズライクな着こなしでクールに決めましょう。

ブラウス×チェックスカート

上品なフレア感と部分プリーツが目を惹くチェック柄スカートに合わせたブラウスコーデ。

地味見えしがちなブラウスを、柄スカートの華やかさでブラッシュアップしています。きちんと感が漂うブラウスコーデは、お出かけにもぴったり。

ブラウスと合わせたいパンツ

柔らかな印象のブラウスと、きりっとコーデが引き締まるパンツの相性は抜群。

ふんわりとしたシルエットのブラウスは、Iラインのパンツをプラスすればすっきりとバランスよく仕上がります。
ブラウスをウエストインして、トップス部分をコンパクトにまとめるのが素敵に着こなすコツです。

テーパードパンツ

腿まわりはふんわりとしたシルエットで足首に向かって細くなっていくシルエットのパンツは、「テーパードパンツ」と呼ばれています。

ウエストや気になるヒップまわりをふんわりと隠してくれるのに、足先に向かってタイトシルエットになっていくのですっきりと着こなせるのが魅力です。足首がちらりと見えるクロップド丈を選べば、バランスよくおしゃれに仕上がりますよ。

ブラウス×デニムテーパードパンツ

気になる体型をふんわりとカバーしつつスタイルアップが叶うハイウエストなテーパードパンツに、レトロ可愛いプチハイネックブラウスを合わせています。

襟元の控えめフリルがレディなブラウスに合わせて、足元にはローヒールパンプスを。足首見せで華奢さを強調すれば、ぺたんこ靴でもスタイルよく仕上がります。

ワイドパンツ

ゆったりとしたシルエットで体のラインを拾わないデザインが特徴のワイドパンツ。

裾が揺れる女性らしい雰囲気で、エレガントな着こなしを楽しめるアイテムです。最近ではハイウエストのタイプが多く、ブラウスなどのトップスをインする着こなしが人気。

ブラウス×ステッチワイドパンツ

ふんわり袖がキュートなピンタック2WAYブラウスに、ステッチが目を惹くワイドパンツが好相性。

太すぎないワイドなシルエットとステッチを効かせたデザインが、ワイドパンツにスタイリッシュな表情を生み出しています。

ブラウスと合わせたいスカート

フェミニンな雰囲気を漂わせるブラウスとスカートは、シーズンレスで人気のレディな組み合わせ。

でも、幼く見えてしまうと大人の女性は素敵に着こなせないかも。デザインや丈、素材を工夫して大人っぽく仕上げるのがポイントです。

デニムスカート

その名のとおりデニム素材を使ったスカートが「デニムスカート」。

ミモレ丈やロング丈など長めの丈を選べば、デニムパンツよりもカジュアルさが抑えられ大人っぽく着こなせます。

ブラウス×デニムスカート

こなれ感たっぷりのブラウスにカジュアルなデニムスカートを合わせて。

ロング丈とIラインシルエットのデニムスカートに華やかブラウスを合わせれば、フレア&タイトでこなれた印象に。

ヘムスカート

裾の長さが前後で異なるなどランダムな裾の形が特徴的なヘムスカート。

ブラウスコーデに遊び心と躍動感のある華やかな表情をプラスしてくれるアイテムです。

ブラウス×ヘムスカート 

華やかな衿のブラウスに、揺らめく裾が魅惑的なヘムスカートで変化球のあるコーデが即完成。

少し冒険したスタイルにトライしたい人にもおすすめです。

【シーン別】おすすめのブラウスコーデ

ここでは、ブラウスが活躍するシーンにおすすめのコーデをご紹介します。

オフィス、デートなどきちんと感を大切にしたいシーンに着るコーデにに迷ったら、ぜひ参考にしてみてください。

オフィスにおすすめのブラウスコーデ

オフィスコーデの鍵になるのは、上品さと清潔感。肌の露出を抑え、きれいめの着こなしを意識しましょう。

きちんと感を演出するブラウスは、コーデに迷った時の頼れる味方になってくれるはずです。

ブラウス×テーパードパンツ×サンダル

落ち着きを感じさせるネイビーのブラウスと白パンツでシンプルにまとめています。

脚のなかで一番細い足首を見せることで、スタイルアップ効果も期待できます。

ブラウス×タックフレアスカート

ドレープが美しいスタンドカラーブラウスと、タックフレアスカーチョでふんわりとした優しい雰囲気に。

凛としたブルー系のワントーンで統一感のあるスタイルを意識すると、上品でまとまりのあるコーデに仕上がります。

デートにおすすめのブラウスコーデ

上品に女性らしさを香らせたいデートシーンでは、甘くなり過ぎないキレのあるスタイルを目指したいもの。

ブラウスコーデは可愛らしさが強調されることもあるため、大人っぽくメンズライクなアイテムをプラスしてバランスを調整しましょう。

ブラウス×ハイウエストデニムパンツ

ブラウス×ハイウエストデニムパンツ

小花柄ブラウスにハイウエストのデニムパンツを合わせた可憐なカジュアルコーデ。

ブラウスにボーイッシュなデニムでほんのりラフさをプラスして、キュートな大人カジュアルを楽しんでみては。

ブラウス×プリーツスカート 

ブラウス×プリーツスカート

裾が揺れるプリーツは、女性らしさを演出するデザイン。可愛くなりすぎて幼く見えないようシックなカラーでまとめるのが、ブラウスを使ったデートコーデのポイントです。

要注意!ブラウスのNGコーデ事例

女性らしく可愛らしい雰囲気が魅力のブラウスですが、幼く見えてしまうのは避けたいもの。

ここでは、要注意なNGブラウスコーデをご紹介します。

フェミニンでコーデを統一する

ブラウスは、シルエットによっては甘すぎる印象を与えてしまうことも。

ボトムスにフリルがふんだんに取り入れられていたりフレアすぎたりなど、フェミニンやガーリーアイテムで統一するのは避けたいところ。
シースルーブラウスなど女性らしい雰囲気のアイテムは、大人っぽいテーパードパンツなどできりっとまとめるのが◎です。

盛りスリーブには要注意

ボリュームたっぷりの盛りスリーブは、着こなし方によって幼く見えてしまうので要注意。 

こちらも、テーパードパンツやワイドパンツなどにインしてトップス部分をコンパクトにまとめると、すっきりと大人っぽく着こなせます。

まとめ:ブラウスコーデは甘さ控えめが鍵!

大人コーデから可愛らしいコーデまで、幅広いレディコーデが楽しめるブラウス。
柔らかく女性らしい雰囲気を纏うアイテムだからこそ、「甘さ控えめ」を意識してコーデすることが成功の鍵です。

定額で洋服借り放題の「メチャカリ」なら、あらゆるテイストのブラウスが揃っています。ブラウスと合わせるアイテムもレンタルできるので、自宅でゆっくりブラウスコーデを試着できます。気に入ったアイテムがあったら、買取もできます。

メチャカリを利用して、さまざまなタイプのカーディガンにトライしてみてはいかがでしょうか。アイテムの着用感やおしゃれのコツがわかり、あなたの魅力をもっと引き出せるでしょう。

ぜひご自分のクローゼットを開いて洋服を選ぶように、メチャカリでおしゃれを楽しんでみてくださいね。  

この記事が気に入ったら
フォローしてね!